サーバーダウン回避

Posted on 2017年9月13日 By

一般的なECサイト構築を行った場合でも、きちんと顧客に対して対応することや、サイトを運営していくことは十分可能ですが、インターネットというのは世界中と繋がっているので、知名度が上がってくればどんどんアクセスが上がってきます。物もたくさん売れてくる可能性も高くなってくるでしょう。そうなるとサーバーに負荷がかかってしまうことになり、最悪サーバーダウンになってしまうこともあるのです。

もし自分がインターネットで買い物をしているとしますが、このときに毎回サーバーダウンしてしまったらどう思うでしょうか。大半の人は、別のサイトで買い物をしようと検討するでしょう。こうなってしまうと、せっかく購入してくれるはずだった顧客を逃してしまうことになるのです。このような事態を防ぐために、ECサイトもクラウド化しておく必要があるでしょう。

クラウド型のECサイトを用いる場合には、クラウドサービスを提供している業者が管理をしているので、業者側がしっかりと対応してくれさえすれば、サーバーダウンというトラブルが少なくなるのです。せっかく軌道に乗ってきたのに、サーバーダウンというトラブルに見舞われてしまうと、売り上げ自体にも影響してしまうので、何としても避けるべきトラブルなのです

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

未分類


主なデメリット

Posted on 2017年9月12日 By

どのようなものであっても、必ずメリットがあればデメリットも存在しています。重要なことはデメリットをしっかりと把握しておき、どのようにして回避するべきなのかを検討することが大切なのです。もちろんクラウド型のECサイト構築に関しても、メリットが多い反面、デメリットも存在しています。では、どのようなデメリットが存在しているのかを確認してみましょう。

主なデメリットとしては、カスタマイズを行うのが難しいという点です。しかし、最近ではカスタマイズが行いやすいサービスも導入され始めてきているので、このデメリットに関しては、今後改善される可能性があります。もう1つはサービスの提供を行っている業者に関することなのですが、利用している業者が倒産した場合や、吸収合併してサービス内容が変更されてしまうと、最初から構築のし直しになってしまいます。

そして最大のデメリットがセキュリティに関する問題でしょう。クラウド型にするということは、いろいろな人とデータなどの共有をすることなので、どうしても情報が外部に漏れるリスクがあるのです。これは業者側のセキュリティも同じだと言えるでしょう。よってセキュリティ対策をいかにして行うのかが重要な課題となります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

未分類


主なメリット

Posted on 2017年9月11日 By

クラウド型のECサイト構築や、クラウドサービスの導入に関しても、当然メリットとデメリットが存在しているのですが、まずはどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。クラウド型の導入というのは、サイトを所有するというのではなく、サイトを利用すると考えるべきです。そのため、ソフトやサーバーなどを独自で購入する必要は一切ありません。

独自で購入する必要がないということは、その分費用を減らすことができるということです。これはメリットだと言えるでしょう。また、システム構築期間を短縮することができるという点もメリットです。システムの構築には時間と手間が必要になるのですが、クラウドサービスを利用することによって、時間や手間をかける時間を減らせます。そして管理も楽になると言えるでしょう。

ECサイトの構築を行ったあとも、通常はメンテナンスを定期的に行う必要が出てくるのですが、クラウド型のECサイトであれば、メンテナンスを行う必要がありません。サイトの更新などは必要になるのですが、アップデート作業などもサービスを提供している業者が行ってくれるので、このような面倒な作業を省けるというのもメリットでしょう。他にもいろいろなメリットがあるので、現在では導入する企業が増えているのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

未分類


クラウド型ECサイト

Posted on 2017年9月8日 By

ECサイトにもいろいろとあるのですが、近年ではクラウド型のECサイト構築サービスが重宝されていると言えるでしょう。クラウド型と言われてもよくわからないという人もいるでしょうが、簡単に言えばインターネット上にデータなどを保存するサービスのことを指します。ようするにサーバーに情報が保存されるということです。そのため、会社で行った仕事のデータを自宅で呼び出して、続きを行うという方法も取れると言えるでしょう。

いろいろなところで情報の共有ができるというメリットがあるのですが、セキュリティ面での不安が出てしまうというデメリットもあります。しかし、コスト面で有利になる点などのメリットが多いので、現在では導入する企業が増えていると言えるでしょう。データの保存などだけではなく、メールの送受信などもできるため、会社にいる人と連携を取りながら、営業先で取引について話し合うという方法もできます。このように便利な使い方がたくさんあるのです。

そんなクラウドサービスを提供している業者も複数存在しているので、クラウド型のECサイトを導入しようと考えている人は、どこを選ぶべきなのかしっかりと検討しておくべきでしょう。よくサービス内容を比較しておくことも重要ですし、評判もきちんと確かめておかないといけません。無料で一定の期間試すことができるところも存在しています。当サイトではクラウドサービスについての紹介を行っていますが、主にクラウド型のECサイト構築について触れています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

未分類